メイプルの洋服

メイプルでは、お気に入りの一着が見つかるよう「シックで優しい」「上品で女らしい」洋服を揃えてお待ちしてます。

2012年2月アーカイブ

傘の修理教室(長傘 スチール骨の骨折れ)  

傘は広い面積を細いフレームで支えていますので、、こわれ物のように、丁寧に取り扱って頂くことが大切です。もし折れてしまった場合は、簡単な骨折れでしたら、自分で直すことも可能ですので挑戦してみましょう。

<長傘 スチール骨の骨折れ>

皆様の関心が高い、傘の修理について、初めての方でも簡単に直せるスチール骨の骨折れについて特集します。金属(鉄)で出来ていて、多くは、断面がU字型をしているフレームです。

金色、銀色、黒塗り、茶塗りなどがあります。(スチール骨は磁石に付きます。)

なお、アルミを使ったフレームは、スチール骨と同じくらいの太さなら、直せますが、太めの場合は、直せない場合があります。

 

006shuuri.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※<グラスファイバーなどの骨折れ>の場合

グラスファイバー、カーボンなど (黒や、白色で、多くは断面が丸です。磁石に付きません。)のフレームが折れた場合は、スチール骨と違い、折れた部分を継ぐことはできません。分解し、新しいバラ骨と入れ替えて、再組立てとなります。修理工具や、交換用のフレームなどが必要なため、初めての方が、工具なしで直すことは、ちょっと難しいと思います。

また、折れた付近にガラス繊維の細かい破片が飛び散り、手や指に刺さることがあります。チクチク痛いし、皮膚に潜ってしまうこともあり、危険ですので、決して折れた部分をこすったり、触らないで下さい。

グラスファイバー、カーボンのフレームが折れた場合は、修理の出来る傘のお店にお任せ下さい。(当店でも、修理可能な場合は、お受けします。ご来店頂けない場合は、お送り頂き、修理可能でしたら修理して、佐川急便の,e-コレクト代引きで返送致します。修理金額の見積もりは、破損状態を見てからお知らせいたしますので、かかる金額により、修理を取り止めることもできます。

修理は、お持ち込みが原則ですので、ご遠方の場合は、恐れ入りますが修理代の他に往復の送料¥1,470(税込)が掛かります。

※お客様の元払いでお送り頂いた場合は、修理代の他に、返送分の¥735(税込)が掛かります。

なお、標準寸法以外の部品交換や、壊れ具合によっては、修理出来ない場合もありますので、お送りになる前に、「店舗のご案内」ページを参照して、お電話又はメールで、傘の状態をお知らせ下さい。

 

 

※以下の修理方法は、すべてフレームがスチールで、長傘の場合です。

<スチールのフレームの骨折れ>

傘の修理は、壊れ具合によっては、手間も時間もかかりますし、よくケガをすることがあります。手をはさんだり、尖った部分などでケガをしないよう、十分に注意しながら行って下さい。

また、直す際、工具や、折れた骨の先などで、布地を切ったり、傷めないようお気を付け下さい。

 1、簡単な骨折れを直すために必要な道具、工具

最もよく使う基本的な工具です。(左から、喰い切り、ヤットコ、ラジオニッパー)

工具も色々必要ですが、スチールの骨折れ位でしたら、これで十分です。

工具ではありませんが、露先付けや、中とじ用に、縫い針とボタン付け用のポリエステル又は木綿の糸と、糸に付けるワックス(なければお燈明用ローソクの残りでも可)も必要になることがあります。

 

001kogu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なければご家庭にあるペンチや、100円ショップの工具などを、工夫して使ってみて下さい。

 

いろいろな修理に対応する場合は、以下のような工具、道具も使っています。 

1、ストッパー

ジャンプ長傘の場合は、開きを途中で止めておく、ストッパー(なければ、20~30cmくらいの木片などで同じように作って、外れないよう確かめて、使って下さい。)で、傘を半開きの状態にしておくと、直しやすいです。

写真のストッパーは、手作りで,大きな傘用の黒は、長さ約19cm,横の棒は8~10cm,婦人用や小さな傘用の茶は長さ約16cm,横の棒は5~7cmくらいです。

014stopper.jpg

 003stopper.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

グラスファイバー骨や、ジャンプ傘を直す場合は、他にも道具、工具が必要になります。

 

 

2、こちらは、ジャンプ傘を直す時に使う道具です。骨の天の部分(さしたとき上にくるところ)が折れた時や、受け骨などの修理に使います。

(使う位置が分かるように、分解したフレームの一部に、つけて撮影してます。)

親骨(一番長い骨)が途中で折れた場合は、これが無くても直すことができますが、ジャンプ傘の先骨折れ、ロクロ交換などの修理には、これが必需品となります。

 ```````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````006jkougutemoto.jpg`

 

 

 

 

 

````````````````````````````````````````015kougu.jpg````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

 

 

 

 3、結節部分に使うハトメ抜きとハトメ打ちです。

ハトメの長さは、3~4種類使用します。

 上記のジャンプ傘用工具と、このハトメ用の工具があると、ほとんどの傘骨の修理が可能となります。

(※標準寸法以外の部品交換や、折り傘などの部品破損は、修理出来ない場合もあります。)

````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

 

参考までに、こちらも修理道具の一部です。

でもスチール骨が折れた位でしたら、修理金具を手に入れて頂けば、多くはご家庭にある工具で直すことができますので、ご安心ください。

002zenkogu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、 直すために必要な「金具」の一部  大四つ、小四つ、折り三つ、黒折り三つ、黒中四つなどの中から、色、太さなど、直すフレームに合ったものを選択して直します。(ご自分で 直してみたいと言う方に、金具のセットをご用意しました。巻末参照)

金具以外では、このほかにハトメ、針金、接着剤などを使用することがあります。

006kanagu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

関節部分に、当て布(ダボ)がついてる場合や、中とじ糸が邪魔な場合は(邪魔にならなければ、そのままで)、縫い糸を切り、外します。当て布(ダボ)を外した場合は、直した後、また取り付けますので、失くさないように。004shurikasa.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストッパーで,右写真のように、半開きの状態にして直します。

 003stopper.jpg

 

005shurichu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折れた場所が曲がってる場合は、元のように、曲がりをまっすぐにしてから継いで下さい。分かりやすいように、分解した骨を撮影してます。

一度曲がった部分は、元に戻しても、ちょっと力が掛かると、また曲がってしまうので、金具を当てておくことが必要です。

 006nobasi433.jpg

 

 

007shuuri.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲がりを伸ばしてから、金具を当てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

001shuuri.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ このように、折れて切れたり、曲がった所がある場合は、真っ直ぐにしてから、折れてる部分を密着させて、そこをカバーするよう爪を当てて下さい。すき間があるまま、継いでしまいますと、1mm位の誤差でも、露先が不揃いになったり、傘の形が悪くなることがありますのでご注意を!。

010korimitu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 爪を一つづつ内側に折り曲げて下さい。金具で押える時、U字型(断面)の骨をつぶさないこと。

 継いだ後も真っすぐになっていること、引っ張っても抜けないことを確認してください。

 

関節部分に当て布(ダボ)がついてた場合は、他の部分を参考に元のように、関節部分に縫いつけます。

中とじ糸(布地を骨に縫いつける糸)が必要な場合は、表の面に、針穴をあけないよう気をつけながら、必ず縫い代部分に縫いつけて下さい。

開いた傘を閉じた状態で、ゆっくり回してみて、他の骨の曲がり具合を見て、バランスを整えて、出来上りです。

 

 

007shuurichuu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直した個所が、金具で目立つのが嫌な場合は、傘を分解して、折れた骨を同じ傘の新しい骨、または、寸法が同じで良く似た別の骨と入れ替え、再度組み立て直すという方法もあります。

サイズが特殊で、寸法の合う骨がない場合は、別の骨を寸法を合わせてカットして、目立たないように継いで、代用することもできます。

``````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

傘の壊れ具合や、部品が特殊で手に入らない場合などで、直すことが出来ない場合もあります。また、布地の、ミシン糸がほつれた場合は、修理可能ですが、布地の切れ、裂けなどは直すことが出来ません。

フレームを新しいものに取り替え、今までの布地を張り直すことは出来ますが(特殊仕様、特殊サイズを除く)、逆に、今までのフレームを使って、布地を新しいものに張り替えることは出来ません。

・ お役立ち情報:洋傘の修理について  をご覧ください。

 

※修理に関してのお問い合わせは、「店舗のご案内」ページのメールまたはFAX (025-525-7312)、または傘のお問い合わせ用の☎ 025-523-2930 担当:神谷(かみや)まで、水曜日除く10:30AM~6:00PM)で、承ります。

IMG出張shachou2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

             

 

  

 

  お役立ち情報:まごころ便加入(無料)で、宅配できます。 

  お役立ち情報:洋傘の修理について  

  ★お役立ち情報:洋傘の長持ちの秘訣

  お役立ち情報:洋傘のネーム入れ出来ます。

  お役立ち情報:合気道ってなに?(その1、合気道の魅力について

  お役立ち情報:合気道ってなに?(その2、習ってみたい!)

 

 

 

 

006100junko.jpg

お近くにお出掛けの際は、メイプルにも是非、お立ち寄り下さい。

着やすくて、おしゃれな洋服を用意して、お待ちしてます。

                            店長 神谷順子 

 

          

 

                     ◎ comments   click here 

 

LINKさせて頂いてる皆様ありがとうございます。(順不同)

 

    ```````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

 

 

 

 

 

 

▲ページ上部へ戻る